西脇 隆俊 にしわき たかとし

はじめまして、「にしわき隆俊」です。
この1月「ふるさと京都」への恩返しを決意しました。国土交通省、復興庁などの経験を活かし、山田知事の実績を発展させ「新しい時代の京都づくり」に身を捧げたいとの思いからです。
危機管理、復興での福祉・医療などの支援、子育てや教育などの経験を活かし、「安心・安全な京都」を実現します。また、まちづくりや復興での産業振興の経験を「いきいきと暮らせる京都」の実現に役立てるとともに「京都力」の更なる発揮により「世界に誇れる京都」を実現します。
チームワークを大切に「オール京都」で取り組みます。
にしわき隆俊にご支援とご協力をお願いいたします。

【略歴】

49年3月
私立洛星高等学校卒業
54年3月
東京大学法学部卒業
54年4月
建設省採用
62年4月
山形県企画調整部総合交通課長
平成13年1月
国土交通省都市・地域整備局まちづくり推進課長
20年7月
 〃 道路局次長
25年2月
 〃 総合政策局長
26年7月
 〃 大臣官房長
27年7月
 〃 国土交通審議官
28年6月
復興庁事務次官

2017年復興まちづくり視察
宮城県気仙沼市

2014年4月(衆)国土交通委員会
地域公共交通活性化・再生法案の
審議における答弁

西脇隆俊はこんな人

京都生まれの京都育ち

昭和30年7月16日、京都市下京区生まれ。趣味はマラソン、テニスなどスポーツ全般と映画鑑賞。洛星高校時代は野球部でピッチャーでした。昭和47年秋の京都府高校野球大会ではベスト8進出。また50代半ばから始めたマラソンでは国内の大会に10回以上出場し、いずれも4時間前後のタイムで完走を果たしました。

家族は妻と一男一女です

2015年京都マラソン

昭和48年夏の甲子園大会京都府予選

好きな言葉

どんな試練でも、努力して乗り越えれば快い青空が望めるという「雲外蒼天」を座右の銘にしています。

京都への思い

子供の頃、父親のバイクの後ろに乗り、水遊び、鮎釣り、海釣りにと京都府内の美しい自然の中をあちこち出かけました。また、四季折々に行われるお祭りやイベントをいつも楽しみにしていました。
その当時は当たり前と思っていたそれらの思い出の一つ一つが長い歴史の中で育まれてきたことだと大人になって気付かされました。
山田知事の成果を継承・発展させ、今以上により輝く京都を次世代に引継ぎたいと思っています。

ページトップへ